ほりだす作業 - HAZUKI ONODERA | 小野寺葉月  
 

ほりだす作業

この間絵を描いていた時に、描きたい絵は見えてるけど手がついていかない状況があった。

単純に技術がないのか、描きたいものが明確じゃないのか?

この表現じゃないのかもしれない。

画材が違うのか、紙が違うのか、そもそもアナログの絵よりデジタルなのか。

ひとまず絵を完成させても「違う、こうじゃない」という気持ちが残る。

描いて描いて描くしか道はないのだけど、ふと「発掘作業みたいだな」と思った。

 

文章も同じで、書きたいことがなんとなくお腹の中にあって(頭ではないらしい、どうやら)

書いていくうちにその輪郭が見えてくるような感覚がある。

丁寧に言葉をつなげていくと言いたいことの実態が現れるんだけれど、完全体で発掘されることはなかなかない。

難しいのだ、とても。。。

今日もどこかが欠けたり、ヨブンな土がついている状態での完成だ。