澳門(マカオ)からセブに帰ってきた - HAZUKI ONODERA | 小野寺葉月  
 

澳門(マカオ)からセブに帰ってきた

マカオのことをはやくアウトプットしたい。忘れてしまう。

できるだけ書いておきたいし描いておきたい。

歩けば世界遺産。古くから大切にされていそうな木が広場や街中に残っている。

カフェでは水が出てこない。お湯が出てくる。子どもには温かいお茶だった。

朝はお粥屋さんや飲茶屋さんがにぎわっている。朝食べる飲茶は早茶(ヅオ チャー)という。

タクシーの運転手は運転が荒め、でもメーターは必ず使ってくれる(フィリピンはたまに使ってくれない)。

割とどこでも構わず広東語で話しかけてくれる。英語と日本語で返してもひるまずに広東語を話してくれる方が、会話が終わってしまうよりいいなあ、と思った。

トピックごとにまとめよっと。